忍者ブログ

消費者金融でブラックリスト入りでもキャッシングできる情報

ブラックリスト入りしてしまった人でもキャッシングしやすい消費者金融情報や、借り方、ポイントなどをご紹介します

ブラックも審査OKな消費者金融

すでにブラックリスト入りしてしまって人は、なかなか新規で消費者金融から借り入れすることが難しく、審査通過することが厳しくなってきます。一般的にもそのようなイメージを持たれている人も多いと思います。
確かに実際、テレビCMや広告などでよくみる大手の消費者金融や銀行の審査基準はハードルが高く、なかなかブラックリスト入りの人では融資をうけることができません。銀行の融資というのは低金利ですし、有名な銀行ですから信頼度もかなり高いですが、その分、審査が厳しくなっているわけです。

しかし、ブラックだからといって諦める必要もなく、中小の消費者金融であれば審査にも通りやすく、大手の消費者金融では審査落ちしてしまって融資を受けられなかったブラックの人でもお客さんとして迎え入れてくれ、融資できる可能性があります。中小の消費者金融であっても大手と同じような好条件で貸し付けをしてくれる優良な業者が存在しますから、諦めずにしっかりと探してみましょう。
ブラックリスト入りするというのは、そのような名簿リストがあるわけではなく、長期間も返済を滞納してしまったり、自己破産などをした消費者金融であればできる限り融資をしたくない人物の情報を個人信用情報へ記録されてしまっている状態のことをいいます。
この信用情報とはブラックでない通常通りの返済をしている人でも記録として残されており、どこの業者からいつ借り入れをしたのか、そしてどのような返済をしているのかが情報として細かく残されています。

ブラックリスト入りしてしまうのは金融事故を起こした記録が残った状態のことですが、融資した後に「信用を著しく損ねた」ことをさします。よくあるのは消費者金融からキャッシングをうけたりクレジットカードの返済などをしているうちに返済が追いつかなくなってしまい、期日までに支払うべき額の返済ができずに延滞を繰り返してしまわったりして、大幅に支払いが遅れたりしてしまった場合に、信用情報機関へ「返済トラブルあり」といったような内容の記録が残されてしまいます。ほかにも自分では支払いができなくなってしまった為に資産を手放す代わりに借金を消滅させる処理の自己破産、借金の額を減らす債務整理、個人再生、借り入れした本人ではなく、契約している保証会社によって返済する代位弁済などが、事故情報として掲載されます。

ブラックになってしまった人はどこの消費者金融からもキャッシングをうけられず、どこのクレジット会社でもクレジットカードを作成できなくなってしまうわけでもありません。
まずその記録は一定期間が経過すれば信用情報期間からデータが削除されます。信用情報機関は全国銀行個人信用情報センター、株式会社CIC、日本信用情報機構の3つがあり、それぞれによっても記録される期間が違いますが、最短で5年です。その情報が消えればさえ、またまっさらの状態と同じように新たに融資を受けることは可能となりますが、もしかするとその直接問題を起こしてしまった借り入れ先の会社からは融資を受けられない可能性はあります。ただ、金融業者も多数ありますから、他の消費者金融から借り入れすることができればそれほど困らないかとは思います。

大手の消費者金融ほどブラックリスト入りしている人へは厳しく、ブラックの人が融資を受けることはほとんどの確率で門前払いとなってしまうほど難しいです。
しかし中小の業者であれば審査が甘く、ブラックリスト入りしている人でも対象として融資をしてくれます。ブラックリスト入りしてしまっている人ほど、審査に通る為には会社選びが重要となってきます。広告などで目にするからいって大手は優しい会社ではないのでブラックリスト入りしている人が審査通過することはまずありませんから、中小規模の消費者金融から探し出す必要があります。
PR

ブラックOKで即日融資してくれる消費者金融

消費者金融からお金を借りて、毎月の支払いが追いつかずに延滞してしまうとブラックリスト入りしてしまいます。ブラックリスト入りした記録というのはデータとして共有されてしまいますから、他の消費者金融で新しく借り入れするときにはそのブラックリストの情報がバレてしまって一気に借り入れが難しくなります。その記録は信用情報機関に登録されて、金融業者ではその情報をみて審査をしますが、ブラックの人は特に重い判断をされることが多く、ほとんどの業者ではブラックの人へは貸し付けをしないと決めていることもあって、なかなか借り入れすることが難しくなります。どうしても借り入れしたいという場面も多くあるでしょうが、なかなかブラックの人は新しい消費者金融から借り入れすることができなくなって困ってしまいますし、今まで融資してくれていた業者でも融資をストップされてしまうこともあります。消費者金融からの融資に頼った生活をしていた人にとって急にそのようなことになってしまうと困ってしまう事も多いでしょう。

しかし、ブラックの人でも融資してくれる業者があります。そのほとんどは小規模の業者ですが、ヤミ金などではなくきちんと貸金業として融資をしている届け出をしている業者ですから安心して使えます。

中には即日融資もOKとしている業者もあって、ブラックの人でもすぐに手元へお金をもらうことが可能です。ブラックだと多少は金利が高くなってしまったりすることもあるようですが、全然借り入れできないよりはマシでしょうし、きちんと法律の範囲内で決められた上限額は守られていますから違法な高金利だったりもしません。安心して利用できます。
ブラックの人へも即日融資OKとしている業者側はデメリットのほうが多いのではないかと思う人もいると思いますが、小規模の業者はブラックの人へも融資をしないとそもそもお客さんが少ないのでワガママ言っていられないわけです。ブラックであっても返済してくれる人だと審査されれば融資をしてくれます。今まで借り入れできなかった人も業者を変えれば融資してもらえる可能性があります。

ブラックでもキャッシング可能な消費者金融比較


消費者金融からのキャッシングは便利なサービスです。
生活をするときにいろいろな出費はあるものですよね。普段の生活費が追いつかなかったり、まだ給料日へ日数があるということもあります。どうしても新生活に向けて準備に資金が必要だったり、知人の冠婚葬祭が立て続けにあったりと交際費がかさむ時もあるでしょうし、家庭を持たれている人はさらに急な出費が必要となる可能性もふえてくるでしょう。
もし借り入れすることができれば、来月には確実に返済できるのに、現在どうしても所持金がないからどうにかしたいと考えている人も多いと思います。そんなときにすぐ手軽に利用できるのが消費者金融のキャッシングサービスです。業者によっては一定期間、無利息で借り入れできることもありますし、少ないキャッシングの額であればそれほど大きくはない金利で借り入れができ、その窮地をなんとか乗り越えることができるようになります。
過去にブラックリスト入りとなってしまっている人も、このような場面はもちろんあると思います。急に出費が必要となることは誰しもあります。ブラックリスト入りしてしまっている人は過去にキャッシングなどを利用したことがある人でしょうから、その利便性もご存知かと思います。
しかしブラックリスト入りしてしまっている人はなかなか審査に通りづらいデメリットがあります。今まですでに審査落ちの経験をしていたり、何社もキャッシングを受けられずにもう諦めている人や、ヤミ金に手を出してしまっている人もいるのではないでしょうか。
確かにブラックリスト入りしている人に対して融資をしてくれる業者はそれほど多くはないのが事実ですが、その影でブラックの人にも融資してくれる業者があります。
ブラックに融資をしてくれる業者は大手ほどのお客さんがきませんから、厳しい集客となっています。その中でも融資対象となる人物をなんとか見定めて、ハードルを低めにして審査をし、その上で条件をクリアできればキャッシングをしてくれます。誰でもキャッシングできるわけではなく、収入が一定額以上はある必要があります。しかしその金額もその業者によって異なり、低い収入であってもキャッシングすることはできます。
申し込み者の状態にマッチした審査基準をもった業者が見つかれば、融資を受けられるわけです。ただその業者探しに難航することはあるかと思います。どうしてもその審査基準を明確に知るすべがありませんから、一般的に審査が甘いと言われる業者を探して申し込みをしてみるか、業者自身でブラックの人でも審査対象と言っている業者であればブラックでも借りれる可能性がありますから、後は他の条件次第でしょう。
確実に借り入れできる業者がどこと断言はできませんが、そういった業者へ申し込みをしてみる価値はあるかと思います。

ブラックでも即日融資OKな消費者金融

消費者金融から即日融資を受けたいという人は多いので、どんどん即日融資OKを売りにしている業者が増えてきているようです。その中でもブラックOKな業者は存在し、実際にブラックの人でも即日融資を受けている人の口コミなどがけっこうありました。ブラックだとそもそも融資自体が難しいイメージで、さらに即日融資なんてうけられないものだと思っていました。
もともとブラックでもOKな消費者金融があるのは知っていましたが、即日融資も可能な業者が意外と多い事にびっくりしました。調べれば調べるほどでてきます。その全てでブラックの人みんなが即日融資うけられるわけではありませんが、ブラックでもOK=ブラックの人でも即日融資可能ですよと言ってくれているので、可能性としては残されています。

ブラックで借り入れが難しくなっている状況ですと、急な出費が必要となってしまう場面だと困ってしまいます。あと数万円あるだけでも助かるのに…、というときもあると思います。そんな時にとても助かるのがこういった消費者金融です。調べてみると意外とありました。
その業者はほとんどがあまり知られていない業者ばかりでした。たしかに知っている名前の大手消費者金融はほとんど審査が厳しく、即日融資どころか審査落ちしてしまう事も多いようですが、中小規模の消費者金融でしたらブラックでも柔軟な対応をしてくれます。その中でサービスの1つとしてかなり役立つのが即日融資です。申し込みをしたその日のうちに指定した口座へ振り込みをしてくれて、手元へ現金が入ってくるわけですからかなり助かります。もちろん、借りたお金ですし、金利も発生してくるでしょうから、計画的に利用する必要はあります。

ブラックになってしまった以上、これ以上は自分の情報を汚さないように気をつけながら、正しくキャッシングを利用していけば何も問題はないと思います。自分の条件にあったキャッシングをしてくれる業者とは長いおつきあいができると思いますから、一時だけではなく今後もなにか合った際はとても助かる存在となってくれます。お金がないというのは精神的にもつらいものですが、こういった業者があるとわかっているだけでもありがたいですね。

消費者金融で時効を適用する為には

消費者金融でキャッシングをしたりした借金に関しても、時効の制度があるのをご存知ですか?時効を向かえれば借金が帳消しになります。というとかなり良いお話にも聞こえるのではないでしょうか。

時効を成立させるにはさまざまな条件をクリアする必要が当然あります。

まず時効となる年数ですが、消費者金融からのキャッシングの場合は5年です。個人間の借金であれば時効は10年なのですが、消費者金融や銀行からの借り入れに関しては5年です。

5年という期間が長いか短いかは人によって捉え方も違うとはおもいますが、この期間に一切、1円の支払いもせず、消費者金融側からの催促の連絡も無視を続ける事になります。これは非常に難儀なことですし、この繰り返しを5年間を行うというのはとても長く感じると思います。

この時効期間は、最後の返済日の翌日からスタートとなります。最後の返済日が例えば4月1日でこの日に返済できなかったとしますと、この翌日スタート、つまり4月2日から5年の経過が必要となります。
また、これ以降でもしまたどこかのタイミングで少額であっても、1円であっても返済をすれば、この時効期間はまた振り出しへと戻ります。

催促の連絡を無視し続けると、もちろん業者側も回収をするために電話や郵送にて返済を促す連絡を立て続けに行ってきます。そしてゆくゆくは裁判へと持ち込まれます。
裁判となると立会いを求められますが、それを無視することは可能です。しかし、その無視を続けながら住所変更をせずに引っ越しをし、登録住所へ郵送したものが届かないなどの状況になると、立会いが必要なく、勝手に裁判を成立させることが可能です。
つまり自分の知らないうちに返済しなければいけなくなる措置がとられます。時効適用されない状態です。強制的に支払いの義務が発生します。

以上の事から、時効の成立に関してはそれほど簡単な事ではありませんが、もし該当する方がいらっしゃれば、弁護士に相談するなどの手続きを行ってみてください。